大阪(梅田・難波)で全身脱毛を受けれる脱毛サロンと医療脱毛をまとました。それぞれの特徴や料金プラン、口コミ評判を比較して紹介しているので、大阪(梅田・難波)にある脱毛サロン選びにお役立てください。

基本情報

むだ毛の自己処理別デメリットとそのリスク

更新日:

むだ毛の処理はどうしている?

ワキや手足、VIOなど身体にはいろいろなむだ毛がありますよね。
生えたままでは見た目が気になるため、処理しているという方は多いのではないでしょうか。
そんなむだ毛を処理する時に気になるのが方法です。
むだ毛の自己処理にはカミソリ、シェーバー、毛抜き、ワックスなどいろいろな方法がありますよね。
自宅で気軽に処理出来るメリットがありますが、いろいろなデメリットがあります。
どんなデメリットがあるのか、これから整理していきますのでむだ毛を自己処理しているという方は参考にしてみて下さいね。

自己処理別のデメリットは?

むだ毛の自己処理のうち最も良く使用するのがカミソリですよね。
安価なカミソリが多いため、自己処理に必要な費用節約に繋がるのが良いところです。
しかしカミソリで剃るという自己処理は肌への負担が大きいです。
むだ毛というものは剃っても剃っても生えてきますよね。
生えるたびにカミソリで剃ると肌へのダメージが蓄積されるというデメリットがあります。
使い方を誤ると肌に傷を付けてしまうことがあるため、慎重に剃ることが必要です。
背中といった見えない場所、届かない場所はカミソリでは剃りにくいです。
家族やお友だちなどに手伝って貰えると良いのですが、手伝って貰うのが恥ずかしい場所もあります。
シェーバーを使用するという自己処理ならカミソリよりも負担が少ないです。
しかしカミソリよりも深剃りが行いにくいというデメリットがありました。
剃ったむだ毛の断面が鋭くなるため、チクチクすることもあります。
むだ毛を毛抜きで引っ張って抜くという自己処理は痛い思いをするというデメリットがあります。
産毛ならそれ程痛くなくても、濃いむだ毛を毛抜きで引っ張ると痛いですよね。
少ない本数なら毛抜きを使用しても手間は掛かりません。
しかし多くの本数では手間が掛かり過ぎてしまいます。
さらに毛抜きを使用すると毛周期が乱れてしまうことがあるんです。
毛周期という言葉は知っているという方は多いのではないでしょうか。
成長期、退行期、休止期を順番に繰り返す生まれ変わりのサイクルのことを言いますよね。
一度にたくさんのむだ毛を処理出来るのがワックスという自己処理です。
ワックス剤を肌に塗布し、シートを貼って一気に引き剥がします。
この時に痛い思いをするというデメリットがあります。
ある程度むだ毛が生えていないとワックスが出来ません。
むだ毛を伸ばすまでの期間中、恥ずかしい思いをすることがありました。
カミソリや毛抜き同様、ワックスで脱毛しても毛母細胞は生きていますのでまたむだ毛は生えてきます。
しかし水性ワックス剤より脱毛効果の強い油性ワックス剤を繰り返し使用すると肌への負担が大きくなってしまうんです。

自己処理による主なトラブル

自己処理を繰り返すとトラブルが発生することがありました。
特に多いのが肌荒れというトラブルです。
カミソリを使用する際、何も付けないことを空剃りと言います。
この空剃りは肌への負担が大きいために肌荒れが起こり易いです。
逆剃りというむだ毛の流れに逆らって剃る方法も肌荒れし易いために注意して下さいね。
その他にも注意したいのが黒ずみです。
紫外線を浴びると肌が黒くなりますよね。
これは肌にあるメラノサイトという色素細胞が黒い色のメラニン色素を増やしたからです。
このメラニン色素に紫外線を吸収させて肌を守ろうとします。
しかし自己処理による刺激によってもメラニン色素が増えることがあるんです。
通常なら肌のターンオーバーで増えたメラニン色素は自然に消えていきます。
しかしターンオーバーが正常に行われないとメラニン色素が残り、黒ずみの原因になってしまいます。
見た目をきれいにするために自己処理しているのに、黒ずみが残ってしまったのでは意味がありませんよね。
黒ずみが目立ってしまった時はいったん自己処理を控え、消えるのを待つしかありません。
しかし目立たなくなるまで期間が掛かってしまいます。
その他にも注意したいのが埋没毛です。
埋没毛とは肌の中で成長してしまうむだ毛のことを言います。
カミソリや毛抜きで自己処理を行った時に肌に傷が付くと、かさぶたが出来ます。
毛穴が塞がれることで埋没毛となるんです。
特にワキやビキニラインに自己処理を行う時は注意して下さいね。
この埋没毛から毛嚢炎へと症状が進んでしまうことがあります。
毛嚢炎とは毛穴の中に黄色ブドウ球菌などが侵入し、炎症が起きるという症状のことを言います。
発症すると白ニキビのようなポツポツが見られます。
人が持っている治癒力にて毛嚢炎が出来ても自然に消えていきます。
しかし人によっては症状が重くなるため、治療が必要になることがあるんです。
中には毛嚢炎から膿が溜まってしまうという症状まで進むことがあります。
自然に消えるからといって軽く見ない方が良いですよ。

最後に一言

ここまで自己処理にあるデメリットやトラブルについて説明してきましたが参考になりましたか。
間違った自己処理はトラブルに繋がり易いため、特に肌が弱いという方は後悔するかもしれないです。
もしトラブルが発生し、中々治らない時は皮膚科で診て貰うと良いでしょう。
毛嚢炎の場合は軟膏の処方などの治療が受けられますよ。

大阪(梅田・難波)で全身脱毛で人気の脱毛サロンランキングはコチラ

-基本情報

Copyright© 全身脱毛を大阪(梅田・難波)でするならココ!おすすめ比較ランキング , 2018 All Rights Reserved.